banner

廃車部品の価値!

廃車に生まれた部品の「価値」とは?

現代社会では数多くの自動車が存在していますが、自動車はすべて、数多くの部品の集合体です。
エンジンやホイールといった大きなものから、一つ一つのギアにいたるまで、それらの一つでも欠けてしまえば、自動車は本来の性能を発揮できなくなってしまいます。

かつてまでは精密な工作技術が現代と比べると未熟であったため、自動車に使用される部品の中には一定以上の距離を走行すると限界を迎えてしまうようなものも存在していました。
ですが昨今の発達した精密工作技術では、非常に制度の高い加工が可能となり、より長期間の使用に耐えうる部品の製造ができるようになりました。
そのため、かつてまではスクラップに加工して鉄材として売却するしか価値の無かった廃車であっても、現代においては高い価値を秘めているということがあるのです。

では廃車に生まれた新たな価値が何かというと、「部品」です。
外装パーツであればボンネットやドア、それ以外であればエンジンやラジエーターなどがこれに該当します。
現在製造されている車両に使用される外装パーツやエンジン、ラジエーターは非常に耐久性が高く、自然に壊れるまでには長い時間がかかります。

そのため廃車として買い取られていった自動車で、再利用可能なパーツがあれば、それは「リユースパーツ」として活用されることとなるのです。
リユースパーツは同じ車種の修理や、互換性のあるパーツの修理に活用されることとなり、新たにパーツを製造するよりもより低いコストで利用することが可能となります。

一見すると再利用が出来なさそうなタイヤなどの場合であっても、一度溶解させた後に再生ゴムとして再利用することが可能となっていますので、どのような廃車であったとしても、必ず再利用できるパーツが含まれているといって過言ではない状態です。
再利用が可能と判断されたものに関しては再利用に耐えるように整備が行われ、かつてのように鉄材としてリサイクルがされるのは、そうした選定が終わった後に残された金属のみです。
ですが現在製造される自動車には鉄のみではなく、銅やアルミ、ステンレスといったようなさまざまな金属が使用されています。
こうした金属の中には日本国内で調達することが困難である金属も含まれているため、そうした金属を再利用できるということには大きな意味が存在しています。
また昨今では「エコ」という言葉が非常に注目されており、エコ目的の取り組みなども盛んに行われています。
限られている資源を再利用するという意味でも、廃車から活用可能な部品を取り出すということは重要となるのです。

Copyright(c)2017 廃車にかかる税金とは?All Rights Reserved.