banner

税金還付を受け取る

廃車にした時には税金還付を受けよう

車を廃車にする時に忘れてはいけないのは税金還付です。
自動車は4月1日の時点で所有していますと一年間分の自動車税を支払わなければいけません。
5月で車を廃車にした場合には一か月分しか本来は自動車税を支払う必要がないのにも関わらず、12か月分も支払っているために10か月分もの自動車税を還付してもらうことができるのです。
これは手続きをしなければ戻ってこないものですので必ず忘れずに申請しなければいけません。
ただし場合によっては還付を受けられない場合もあるので気を付けてください。

まず三月に廃車にした場合には還付される税金がそもそもないために手続きをしても一円も戻ってきません。
しかし今後はもう税金の納付書類が送られてくることもありません、税金還付の手続きが面倒な方は3月に処分してください。
そして軽自動車の場合も元々の税金が少ないために税金還付が受けられないのです。あと、税金がそもそも未納の場合にも還付を受けられません。
これらの条件に入っていないかどうかを確かめてください。それから4月に廃車にする場合には5月に一年分の自動車税の支払いの書類が送られてくるのですが、もう車を廃車にしたために支払う必要がありません。

しかし、7月くらいに一か月分の支払いの納付書が送られてきますのでこれで一か月分の自動車税の支払いをするようにしてください。
軽自動車の場合は5月に一年分の自動車税の納付書が来た時に7200円を支払う必要があります。
一ヶ月しか車を所有していないのにも関わらず一年分の税金を支払う羽目になりますので税金を安くしたいと思うのでしたら軽自動車の場合は3月に処分をしてください。

あと還付の方法なのですが、まずは車を処分する必要があります。
廃車にしてもう車を処分したという証明、永久抹消登録証明書をもらう必要があるのです。
それを自動車税務署などに持っていき、還付の手続きをする必要があります。
そうしますと一ヶ月経過した後に還付に関する通知書が送られてくるのです。
まず廃車にするためには車検証やナンバープレート、印鑑証明やリサイクル券なども必要になりますので少し面倒な手続きとなります。
しかし最近では廃車処理業者ではこのような税金還付の代行もしてくれることもあるので、面倒な場合にはすべて依頼してください。
還付を受けなければ税金が戻ってくることはありません。
乗用車の場合は税金が大きいですので11か月分の税金が戻ってくる場合には必ず申請をしてください。

Copyright(c)2017 廃車にかかる税金とは?All Rights Reserved.